PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

29日のパ・リーグ予告先発 西武・大沼

今回はDOLの話一切なし、野球のお話です
興味のない方はどうぞ華麗にスルーしてください
ドラさんあたりが読んでくれれば楽しめるかも


さて中の人がライオンズファンなのは皆様周知のことかと思いますが
現在6連敗中のライオンズ
29日の予告先発は今シーズン2度目の先発、俺達の総帥、大沼幸二と発表されました

ではここで大沼についておさらい

以下、「大沼ってなんで生きてるの?」スレより抜粋

     _、_
   ( ,_ノ` )
 (⌒`::::   ⌒ヽ
  ヽ:::: ~~⌒γ⌒)  
   ヽー―'^ー-'   
    〉  15 │
大沼 幸二
我らが俺達の総帥。
150㌔前後の荒れ球にキレのよいスライダーを合わせ、二軍の打者、オフシーズンの打者などには相手にならないほどの好投を見せる。
しかしひとたび一軍に上がれば、制球難が災いし派手な炎上を繰り返す。
また、前の投手の残したランナーはひとつ残らず掃除してしまうほどのキレイ好き。
それでも3点以上離された展開では鬼のごときピッチングを披露して、首脳陣の期待を途切らせない。



【大沼の凄さを知らない人のために】

1:2008年終了時、通算成績164試合登板 12勝22敗、通算防御率5.03。
 中継ぎ層の薄い西武において、長いイニングを投げられる貴重な右中継ぎ。
2:150km/hを超える速球を投げる
3:よく落ちるフォーク、切れるスライダーを投げる
4:二軍の試合では無敵の大エース
5:一軍のブルペンでも周囲が驚くほどの仕上がりのよさを見せる
6:なのに登板時に自チームがリードすると、かなりの確率で失点
7:またリリーフ登板だと、前の投手の残したランナーは確実に本塁まで返す
8:しかし自分に自責点がつく場面では、点をやらない鬼に変身
9:おまけに3点以上リードされるとランナーすら許さない魔神ぶり
10:以上の通り「炎上の総帥」の名を欲しい侭にしていたが、2008年は覚醒し
  シーズン投球回数は西武中継ぎ陣の中でも圧倒的な83.0回を記録。
  2勝4敗1S9H防御率3.69とアジア1に大きく貢献、交流戦でも初打席に立った。
  交流戦の巨人戦や、優勝のかかった楽天戦での好投は記憶に新しい。
11:2009年は他リリーフ陣が炎上する中で、好投を見せていたが
  忘れかけた頃に炎上も起こしている。
  ついには交流戦初戦でも貫禄の大炎上を披露した。

~主な獲得タイトル~
2001年 イースタン最優秀防御率・イースタン最多勝率 (注・ルーキーイヤー)
2002年 イースタン最多奪三振
2003年 イースタン最多勝



俺達の夢 大沼幸二

「俺達」とは…、
主に埼玉西武ライオンズにおいて一軍と二軍の間の壁に挟まれ、身動きできずに、二軍で好投・一軍で炎上のサイクルを延々と繰り返す一群の投手を指す言葉である。
構成員は数多く、メンバーも流動的だが、その中で大沼は象徴的だ。

秋から春先の大沼は安定感抜群。その投球する姿は毎年10勝を挙げる投手にも遜色ない。
嫌が応にも期待は高まる。今年の大沼は、今年こそは、やってくれる、かもしれない…、しかしシーズンが開幕すると同時に、その期待は裏切られる。
ストライクが入らない。塁上が走者で埋まる。そして痛烈な当たり、ショートがはじく、外野がもたつく、炎上に継ぐ炎上、時にビハインドで抑え、肝要の場面ではまた炎上、その影でこっそりと小野寺も炎上。
いつしか一軍メンバーから大沼の名は消え…、再びその姿を拝むには、消化試合まで待たねばならない。

彼は時に150km/hを超える直球によく切れるスライダー、落差のあるフォークを持ち、また自ら称するように体力は無尽蔵、連投も苦にしない。
その能力の高さについてはここで語るまでもなく、国内屈指の強打者・山崎武司がその著書の中で最も苦手な投手として名を挙げているほどだ。
しかしその能力が実戦で生かされることは稀である。そもそも一軍に定着していない。


大沼が安定して活躍できない最大の要因は、その類稀なるチキンハート。彼は優しすぎる男だ。それは人として誇るべきことに違いないが、勝負の世界では時に命取りとなる。
逆に言えば、それさえ、それさえ改善したならば…、
持ち前の剛球、鋭利な変化球を縦横に駆使し、一日に150球を投げ、強打者をばたばたと斬り捨てる大沼が見られる、そんな日がいつか、来るかもしれない、
来ないかもしれない。

すべてが思うようにならず、故なくしては何も好転しないありふれた人生の縮図がそこにある。
大沼ってなんで生きてるの。その問いに答えは出ない。しかし大沼は、スタンドやテレビの前のささやかな人生そのものなのだ。
その人生が日々炎上する姿を生暖かく見守りながら、いつか大輪が花開く日を夢見る。
大沼がどうにかなれば、少し人生観が変わる気がする………、






とまあとんでもない名前のスレタイとは裏腹に大沼投手に対する愛情たっぷりの生暖かいまなざしにあふれたスレなんですがね

で、今年の大沼
開幕1軍を逃し、2軍で調整
満を持して1軍昇格後は最初の数試合こそ失点することなく試合を重ねていったが案の定登板のたびに不安定な投球を披露
ついにはまたしてもサヨナラ負けを喫する、試合をぶち壊す等、去年同様のピッチングを披露しだす
6月に2軍降格後、何試合か登板の後、2軍の試合で先発登板をし始める
こ・・これは・・??
ファンの期待を胸にオールスター前に突如1軍の試合の予告先発に!!
その試合で大量リードを背に勝ち投手となった彼の目には光るものが・・・


とまあライオンズの中でもかなり愛されてる選手です
前回先発して勝利をあげた時の涙目の表情に私も目から我慢汁が出てしまいました

今の現状を救ってくれるのは大沼しかいない
そんな期待を
そして期待を裏切られるであろう期待

ロブロイは明日の大沼に期待しています!

おしまい


スポンサーサイト

| ライオンズ | 00:04 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

大沼、ある意味すごいですな・・・。
チキンハートさえ治れば大投手になれるのに、それが出来ないもどかしさ。
痛いほど分かります。

デーブ大久保も、雄星をしごかずに大沼を鍛えればよかったのに・・・。

| ドラ | 2010/07/31 16:38 | URI | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

大沼が先発すると西武は負けない
ハアハア

| ろぶ | 2010/08/02 01:44 | URI |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。